トイレの交換をきっかけにトイレリフォームを検討しよう

古い建物に多い和式タイプのトイレリフォームするケースもあります。和式タイプと洋式タイプでは構造の違いがあるので、工事の内容もだいぶ異なります。どんなトイレのタイプを選んだらいいのか、ある程度自分たちで予想を立てておくことは大事なことです。

■和式タイプのトイレをリフォームする場合

まだまだ和式タイプのトイレが残っているところもたくさんあります。和式タイプを選ぶとき、便器本体が埋まっているタイプなのでサイズを間違えると正しくはまらなくなることがあるので、本体を選ぶときはかならずサイズを確認するようにしてください。
また、和式タイプのトイレはリフォームそのものは大掛かりになることはありません。水のトラブルが起きたときも洋式に比べて和式のほうが比較的簡単に工事を済ませることができます。
最近は日本全体に高齢化が進んでいることから、和式タイプから洋式タイプにリフォームする家庭も増えています。年齢を重ねてくると、しゃがむという行為が、体に負担がかかりネックになるのです。

■洋式タイプをリフォームする家庭も増えている

用を済ませるとき、腰をかがめることなく椅子に座るような感覚で使用できるため、今では洋式タイプが主流となりました。しかし、便利に使える分だけリフォームする場合は多少コストがかかってしまいます。コストを少しでも抑えたい場合は、タンクありのトイレの方がおすすめです。デザイン的にこだわりたいのであればコストは多少かかりますがタンクレスがおすすめです。


■まとめ
トイレリフォームを検討中でトイレの交換を希望する場合、和式から洋式に変えたほうがいいのか、タンクありからタンクレスに変えたらいいのかじっくり考えてから理想のトイレを見つけましょう。リフォーム後は10年15年と毎日使う場所ですから、こだわりを持って理想のトイレ空間を作りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ