トイレリフォームは本格的な介護が始まる前に

日本全国的に高齢化社会となり、これがきっかけでトイレのリフォームを検討する家庭も珍しくありません。自力で自分の体を支えながらトイレに立つことができたとしても、トイレ空間が狭ければ動きにくさを感じます。付き添いで介護が必要となればさらに狭さが苦になってしまいます。

■トイレリフォームで介護しやすい状況を作ろう

介護は毎日のことです。24時間体制で介護をするとき、トイレだけでなく家の中全体的にバリアフリーにする家庭も増えてきました。介護の中でも特にトイレは一日に何度も必要になるので、先にトイレのリフォームを済ませておくといいかもしれません。しかも介護によるリフォームは介護保険を使うことができるため、工事にかかった費用を自治体に負担してもらえます。
トイレを広くするだけでなく、段差をなくしたり手すりを付けるとか、万が一に備えて呼び出し用のボタンを設置するなども検討してみてください。

■リフォームしたことで介護される側も楽になる

介護される側も本当であれば自分でトイレを済ませたいというのが本音です。そのため、トイレをリフォームしたことで自力でトイレに立って用を済ませることに喜ぶ方も多いのです。自力でできるということは、それだけ自分で自ら動くことになるので筋肉の衰えもスピードダウンさせることもできます。
介護する側も介護される側も精神的なゆとりができるので、介護によるストレスをかなり大きく減らすことができるのもトイレリフォームの大きなメリットとなるでしょう。

■まとめ
介護が必要になったときにトイレのリフォームを考えればいいという方もいますが、実際に介護が始まるとそれどころではありません。一緒に暮らす家族がいずれ介護が必要になる年齢になるだろうと予測できるのであれば、早めにリフォームを検討しておくといざというときの精神的な負担を減らすことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ