和式タイプから洋式タイプへトイレリフォームをおすすめしたいワケ

和式タイプのトイレから洋式タイプへトイレリフォームする場面も増えてきました。トイレの交換が必要になるリフォームですが、なぜ和式タイプのトイレはデメリットが多いと言われるのか、洋式タイプのトイレのメリットと見比べてみましょう。

■和式タイプのトイレは何がデメリットなのか

お世辞にも衛生的ではないのが現状です。用を済ませるときに便器の中の汚物が跳ね返ることは衛生的ではありません。もちろん、大きな段差を上り下りすることや、腰をかがめて用を足すことは、体を動かすことが不自由な人にしてみれば大仕事です。トイレは一日に何度も使うものなので、和式タイプのトイレは億劫になってしまいます。
また、お掃除をするのも一苦労で、清潔な空間を保つためには毎日のお掃除も苦になりがちです。建物自体が古かったり、大型施設の中にもまだまだ和式タイプのトイレが残っていますが、いずれ訪れるトイレの寿命を迎えたときは、これを機に洋式タイプへリフォームすることをおすすめします。

■洋式タイプのトイレはメリットだらけ

衛生的に使えるのはもちろんのこと、椅子に腰かけるように用を済ませることができるので身体的にもとても楽です。また、日本はトイレ事情がとても優れていて、ウォシュレットタイプで清潔を保つことができたり、便座を温める機能が搭載されているので冬でも寒さに耐える必要がありません。血圧が高かったり年配の方のヒートショックから守ることもできます。便器のデザインも凹凸の少ないものがほとんどなので、トイレの掃除も一気に楽になるでしょう。

■まとめ
和式トイレを使用中でトイレリフォームを検討中なら、洋式タイプのトイレの交換をおすすめします。色んな機能が搭載されているものはとても便利でトイレ空間を快適にしますし、費用を抑えたい場合でも最低限の機能が付いたトイレを選ぶことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ